絵が上達するコツ

  1. 色彩豊か絵を描くための混色の方法とポイント

    色と色を混ぜて新しい色を作ることを「混色」といいます。絵を描く場合は絵具と絵具を混ぜて新しい色を作るわけですが、前回のノート「表現の幅を広げ描く力をつける、絵具の混色のメリットと注意点について」でご紹介したように、混色にはさまざまなメリットがあります。

  2. 表現の幅を広げ描く力をつける、絵具の混色のメリットと注意点について

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、お子さんが使う水彩絵具は小学校で使っているものと同様、サクラやぺんてるの12色セットのものをご用意いただきます。

  3. 子どもたちが描きたくなるテーマ〜家族で使うものを作る(カレンダー作り)

    子どもたちが張り切って描きたくなる、誰かのことを思って一生懸命考える…そういったテーマに取り組むことは「上達のコツ」のひとつなのではないかな〜と、毎年カレンダー作りの時期になると思います。そんな子どもたちが張り切りたくなるテーマのひとつ「来年のカレンダー作り」。

  4. 子どもが水彩絵の具が上手に使えるようになるには?水彩絵の具を使うときのコツ

    水彩絵の具は小学校だと2年生か3年生くらいから使い始めるようですね。ですけど、そうそう頻繁に使うわけではないので、水彩の具の使い方のポイントがわかっていなくて苦手意識を持ってしまっている子もいます。

  5. 子どもが絵が上手くなるには?絵が上達する3つのコツ

    「絵が上達するにはどうしたら良いですか?」「子どもが絵が上手くなるコツはありますか?」という質問をいただくと、私は3つの答えをあげます。もちろん、上達するためのいろいろな方法や考え方があるとは思うのですが、ご質問を受けたときはこの3つにしぼってお答えしています。

  6. なぜ大きく描けないの?子どもが絵を大きく描くようになるには。

    学校などで「絵を大きく堂々と描く」ことを指導していただくことがあると思います。だけど、教室に通い始めてすぐには「うちの子は大きく描きなさいって言っても、いつも小さくしか描けないんですよ…」っていう風におっしゃる親御さんも多いです。

  7. 上手に絵の具を使うために役立つ、机の上の道具の置き方と描くときの姿勢

    パレットはあっち、筆はこっち、筆洗は向こう…学校などは机の広さが決まっているのでそうはいかないかもしれませんが、場所があったらあるだけ道具を広げてしまう…その置き方では描きづらいんじゃないかな〜、って見ている方は思っても、子どもは気にせず描いていたり(笑でも、描きやす...

ページ上部へ戻る