絵画教室ノート〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

  1. 子どもが自由な発想で描くには?キャンバスに描いた想像画・静物画

    絵画教室あとりえ・おーぱるの毎週クラスでは、毎年「キャンバスに描く」というテーマでじっくり描く内容に取り組んでいます。いつもの絵画教室では私の方で描くテーマを決めている場合が多いのですが、キャンバスのときは「静物画にするか?創作画にするか?」ってところから、子どもたちに決めてもらいます。

  2. 夏の恒例イベント「ラクガキ大会」開催☆何でも描いていいよ

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎夏「ラクガキ大会」っていうイベントを開催しております。通常の教室ではアニメやマンガやゲームのキャラクターは描かないって、ことになっています。

  3. 子どもの絵にたいして、言ってはいけない褒め言葉?褒めるときのポイントは…

    ちょっと前からよく言われていることですが、子どもの絵を褒める時に上手だね!上手に描けたね!は言っちゃダメ×「上手」と褒めてはいけない、と言われていますね。でも、つい使っちゃいますよね(^^;上手って言われれば子どもは喜ぶし…。

  4. 子どもが外で写生するときに注意したいこと

     この夏の猛暑…外で写生はやめておきましょう!と言いたいところですが、夏休み期間って案外「夏の写生大会」的なイベントがあって、当絵画教室の生徒さんも「今度○○って場所で写生大会に参加するんだ〜」って普段アトリエに置いてある絵の具セットを持ち帰ったりしています...

  5. 子どもが絵を描くとき、発想の幅が広がる資料の使い方

    先日、子どもたちにも著作権について知ってもらいたいな〜ってことで、子どもたちにも教えたい、著作権ついてという記事を書きました。人の作品をまねっこするのはダメ、なわけですが、写真や他の人の作品を資料として活用するのはOKです。

  6. 今年の夏の工作は…紙粘土と牛乳パックのお城やお家☆

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年夏に大きめの工作に取り組んでいます。

  7. 子どもたちにも教えたい、著作権ついて

    絵を描いていて、どうしても何か資料を見ないと描けないときってでてきます。さて、その時資料を調べて写真やインターネットの画像を見て描くわけですが…写真見て描いていいの?まねっこにならないの?っていう疑問がわいてくると思います。

  8. アクリル絵の具でキャンバスに描く手順

    夏休みの宿題や自由研究で絵を提出したい場合、キャンバスに描くのがオススメ!って、キャンバス押しの私ですが、キャンバスに描くときの手順を書いていなかったので書きたいと思います。

  9. 水彩絵の具で描く時、子どもが色彩豊かに描くコツ

    私が絵画教室で「これをやったら怒るよ!」って子どもたちに言っていることの1つ、道具や材料を大事にしないって、怒る機会ないですけどね(^^…にも関わらず(?)子どもたちに「もったいないんじゃない?」って言われることをする場合があります。

  10. 夏休みの宿題、自由研究に絵を描く場合に完成度の高い作品を描くには

    夏休みの宿題、自由研究で絵を提出したい場合、 キャンバスなどの普段使わない素材 学校の図工では描かないようなテーマで描くといいよと言うことと、作品保護のためと作品の見栄えをアップするために額装しましょうというご提案をさせていただきました。

ページ上部へ戻る