絵画教室日記

  1. 子どもが水彩絵の具が上手に使えるようになるには?水彩絵の具を使うときのコツ

    水彩絵の具は小学校だと2年生か3年生くらいから使い始めるようですね。ですけど、そうそう頻繁に使うわけではないので、水彩の具の使い方のポイントがわかっていなくて苦手意識を持ってしまっている子もいます。

  2. 子どもが絵が上手くなるには?絵が上達する3つのコツ

    「絵が上達するにはどうしたら良いですか?」「子どもが絵が上手くなるコツはありますか?」という質問をいただくと、私は3つの答えをあげます。もちろん、上達するためのいろいろな方法や考え方があるとは思うのですが、ご質問を受けたときはこの3つにしぼってお答えしています。

  3. 子どもたちが大好きな色鉛筆♪油性色鉛筆と水彩色鉛筆の違い

    当絵画教室では、着色用画材を混合して使うことがあるのですが、主に水彩絵の具と色鉛筆です。子どもたちは色鉛筆好きなんですよね。広い面積のところは絵の具の方が断然ラクにきれいに塗れるのですけど、あえて色鉛筆の風合いを好む子もいます。

  4. なぜ三原色以外にも絵の具があるの?絵の具の混色のコツ

    色には三原色と言う基本となる色があり、混ぜることで(理論的には)どんな色も作れる…わけですが、「色の三原色、光の三原色、絵の具の三原色」の説明はこちらじゃ~、三色だけあったら全部の色作れるなら、絵の具って12色もいらないじゃん?って、思いませんか?今回は「なぜ三原色以外にも絵の具...

  5. 絵を描く幅が広がる色の知識〜色の三原色、光の三原色、絵の具の三原色

    「色の三原色」や「絵の具の三原色」って言葉、記憶の片隅で覚えていらっしゃるでしょうか?たしか小学校あたりで習ったはず…。絵画教室の子たちに聞いてみると、大体5年生くらいで習うようです。今回は「絵を描く幅が広がる色の知識〜色の三原色、光の三原色、絵の具の三原色」についてです。

  6. 幼児や子どもが絵の具を使う場合の、絵の具の毒性、安全性について

    油絵やアクリル絵の具のチューブの裏を見ると、オレンジに黒のバツがついたマークを見かけることがあります。これは毒性がある顔料が使われているというマークです。

  7. 心と体に影響する色の効果を絵に生かすには?暖色と寒色について

    昨日の絵画教室で子どもたちは「暖色と寒色のデザイン」ってテーマに取り組みました〜。

  8. 見えているのに見えていない?見えている=認識している、ってわけじゃない、子どもの発達と絵

    私は自分で絵画教室を始める前から現在まで、他の絵画教室の幼児クラスの担当をしてきたのですが、幼児の絵を見ていると「目に見えているからって認識しているわけじゃないんだなー」ってつくづく思います。

  9. 鉛筆のHBとかBとか2Bって何のこと?子どもが絵を描く時におすすめの鉛筆の濃さ。

    鉛筆と言えば一番なじみがある画材、小さい頃から使って来たわけですが、HBとかBの意味ってご存知ですか?今回は「鉛筆のHBとかBとか2Bって何のこと?子どもにおすすめの鉛筆の濃さ。

  10. なぜ大きく描けないの?子どもが絵を大きく描くようになるには。

    学校などで「絵を大きく堂々と描く」ことを指導していただくことがあると思います。だけど、教室に通い始めてすぐには「うちの子は大きく描きなさいって言っても、いつも小さくしか描けないんですよ…」っていう風におっしゃる親御さんも多いです。

ページ上部へ戻る