画材&道具の使い方のコツ

  1. 子どもがハサミを使う時の注意点と使い方のコツ

    絵画教室あとりえ・おーぱるは主に小学生対象ってこともあり、ハサミの使い方って言っても別に一般的なことしか言ってないし…って思って今まで書いてなかったのですけど、小さいお子さんのハサミの事故の話を聞きまして、ちょっとびっくり。

  2. 子どもがアクリル絵の具でキャンバスに描いたときの画面保護用ワニス(バーニッシュ)について

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年夏に毎週クラスだけですがキャンアバスに描くカリキュラムを取り入れています。キャンバスって言うと油絵のイメージが強いと思いますが、あとりえ・おーぱるでは子どもたちがキャンバスに描くときの描画材はアクリル絵の具です。

  3. 貝殻に穴を開ける方法〜工作やアート活動にも便利な電動ミニルーターと愛媛県宇和島のヒオウギ貝

    最近新たに入手したアート材料、ヒオウギ貝。愛媛県宇和島市の社会福祉環境保護団体・宇和島リユースクラブさまからご紹介いただきました。どういう風に使うか検討中なのですが、その過程で「貝殻に穴を開けるにはどうしたらいいのかな~??」って調べてみました。

  4. 画用紙って何でも一緒?身近に購入できる子どもが描きやすい紙とは

    夏休みなどは学校ででた課題のポスターを書きたいんだけど…なんてことで、子どもが画用紙を持参でくることがあります。で、その画用紙を見て一口に画用紙って言ってもいろいろだな〜…って思うこと結構あります。

  5. 絵の具の種類によって違う使いやすい筆。子どもたちが使いやすい筆の特徴

    当絵画教室では絵の具セットは各自ご用意していただいております。でね、絵の具セットを購入してお持ちいただいた場合でも、セットの筆が「おや?」って場合もあります。

  6. 子どもたちが大好きなマーカー!種類と特徴、使い方の注意点

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、静物画などの写生の時には着色画材は絵の具だけですが、想像画の場合は絵の具、色鉛筆、マーカーなどを混合して使うことがあります。

  7. クレヨンとクレパス、特徴と違い

    絵画教室あとりえ・おーぱるの子どもクラスは主に小学生対象ってこともあって、クレヨンやクレパスはそんなには使いません。

  8. 夏休みの宿題・自由研究に役立つ、紙粘土の使い方のコツ

    もうすぐ夏休み♪って、ちょっと気が早いですが(笑)夏休みの自由研究などで、これから紙粘土を使う予定があるお子さんも多いかと思います。

  9. アクリル絵の具の特徴と子どもが使うときに必要な道具

    紙以外の素材に絵を描きたい、工作に色を塗りたい…ってとき、いろいろなものに塗れて便利なアクリル絵の具。夏休みの宿題や自由研究なんかで使う機会が多いのではないかと思います。紙に絵を描く場合でも、発色がよく何度も塗り重ねられます。

  10. 絵を描くときの消しゴムとねり消しの話

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、鉛筆と消しゴムは教室で用意しているものを使ってもらっています。

ページ上部へ戻る