絵画教室日記〜教室のようすとアイデアノート♪

夏休みの自由研究・自由工作に!オススメ工作~フレームアート

楽しい夏休み♪
自由研究や自由工作は楽しい宿題のひとつ…って子もいれば、何を作ればいいのか毎年悩みのタネって子もいるのかな、と思います(^^

今回ご紹介する「フレームアート」は、縁がついた板に紙粘土などを使って立体的に飾り付けしたものです。
子どもたちそれぞれの世界観を表現することができ、見栄えがする作品に仕上がるので、「自由研究・自由工作」として夏休みに制作しても良いのでは、と思います。
フレームの中はそれぞれ自由な発想で作れるので、制作過程も楽しいですよ(^^

というわけで、今回は「夏休みの自由研究・自由工作に!オススメ工作~フレームアート」ということで、フレームアートを制作する際の材料を作り方をご紹介します。
フレームアートは飾るときは壁に掛けるようになります。

フレームアートの材料

・フレームのある板
・飾り付けの材料
紙粘土、モール、ビーズ、スパンコール、色紙、カラー段ボールなど
・着色画材
アクリル絵の具、筆、油性マーカーなど
・その他道具類
アイデアメモ用の紙、鉛筆、消しゴム、ボンド、ハサミ、グルーガン、ぶら下げる用のヒモ、ぶら下げる用のヒモを取り付ける金具(フック、ヒートンなど)

☆オススメ工作材料はこちらにです

フレームアートの制作手順

アイデアを考えて、紙に計画を書く

まずは紙粘土部分を制作する
紙粘土は乾く時間が必要なので、一番最初に制作します。

土台の板に鉛筆で下描きをする

土台の板にアクリル絵の具で着色します。

(紙粘土が乾くまで3日以上日にちを空けましょう)

紙粘土にアクリル絵の具で色を塗る

その他飾りを作る

紙粘土や飾りを土台にボンドでつける

ビーズやスパンコールなどの飾りもつける

土台の板にフックかヒートンをつけて、壁掛け用のヒモをつければ完成です!

参考作品(絵画教室生徒さん作品です)

今年の夏はいつも絵画教室に通っていないお子様向けの単発講座「」を開催予定ですので、作ってみたいけど自宅で作るのは大変そ~って思われた場合は、よかったらこちらのページをご覧ください。
材料や道具類もご用意して、手ぶらでご参加いただける講座です(^^

2回で仕上げる!夏休みの「自由研究・自由工作」向け講座ご案内はこちらです♪

 

絵画教室あとりえ・おーぱる 体験教室お申し込みはこちらです♪

 

幸せを紡ぐ絵~松本圭
▲クリック

関連記事

ページ上部へ戻る