絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

子どもたちの創作絵本「ポチのだいぼうけん!」

絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年「絵本作り」に取り組んでいます。

初めて絵本を作る子、何度目かの子、年齢や経験はいろいろですが、それぞれ一生懸命考えた素敵な絵本が次々に生まれています(^^

お話を考えてページごとに絵を描いて1冊の本として完成させるって、ちょっと大変そうって思いますが…っていうか、実際大変かもですが(笑

一度完成させるととっても大きな自信になる絵本作り。

今回の作品の作者は1年生、初めての絵本作りでした(^^

凝りに凝った表紙のデザインがかっこいいね!

 

ポチのだいぼうけん!

 

あるところにポチという犬がいました。

ポチがそとをあるいていると、おじさんが「おーポチ」と、よんでくれました。

 

おじさんがえさをくれました。

またポチがそとをあるいていると、ネコとあいました。

 

またポチがあるいていると、おかあさんがあそんでくれました。

ポチはにんきものになりました。

(終わり)

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

絵画教室に通い始めたときは人を描くことが苦手で、学校でも棒人間しか描かなかったそうです。

「なんで人を描かないの?」

って聞いたら

「描き方がわからないから」

ということでした。

そっか〜、描き方がわからないのかぁってことで、描き方のコツをアドバイスしたこところあっという間に抵抗なく描けるようになりました(^^

今回の絵本作りでも人物を登場させて、

おじさんってどんなふうに描こう?

おかあさんは女の人だからどんな服?

って、一生懸命考えたり、私に質問したり…、でがんばりました(^^

 

絵画教室あとりえ・おーぱる 体験教室お申し込みはこちらです♪

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭

物語紡ぐ画家

関連記事

ページ上部へ戻る