絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

子どもたちの創作絵本「森のともだち」

絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年「絵本作り」に取り組んでいます。

当教室で絵本作りをするときのルールは、

  • 完成させること
  • 読んだ人がイヤな気持ちになるお話にしないこと

の2点だけです。

それ以外は、お話の内容、何ページにするか、文字は縦書きにするか横書きにするか、登場人物は何にするか…自由に考えてもらいます。

といっても、だいたいの子は文字をつけた絵本を作るのですが、今回の作品は文字がない絵本です。

文字がなくて絵だけでストーリーを表現するので、読んだ人にちゃんと伝わるかな?っていうのは大事ですね。

この絵本はシンプルなストーリーで、絵だけで物語を表現しています(^^

 

森のともだち

 

 

 

 

(終わり)

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら
 

森に出かけた女の子が動物たちと出会い、仲良くなって一緒に遊び…

最後のページ、夕焼けの中を帰っていく女の子を見送る動物たちの後ろ姿が切ないですね。

でも、夢の中でまた会える、そんな素敵な物語。

絵だけでしっかり表現されています(^^

 

絵画教室あとりえ・おーぱる 体験教室お申し込みはこちらです♪

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭

物語紡ぐ画家

関連記事

ページ上部へ戻る