絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

子どもたちの創作絵本「子猫のぼうけん」

絵画教室あとりえ・おーぱるで毎年取り組んでいる「絵本作り」。

今回ご紹介するお話は3匹の子猫の冒険のお話です。

絵画教室あとりえ・おーぱるで制作するのは表紙と中面ですが、子どもたちから「背表紙も作っていい?」とナイスなアイデアがでまして、希望者は背表紙も作りました。

この絵本も素敵な背表紙付きです(^^

 

子猫のぼうけん

 

 

昔々あるところに、おばさんとおじいさん、それと子猫3匹が住んでいました。

名前は、ララ、リリ、ルルです。

その子猫3匹は、ある日ドアを開けっぱなしで換気をしていた時に逃げ出してしまい、大混乱してしまいました。

 

さて、そのころララとリリとルルは道に迷って、近くの時々毒ヘビが出る森の中にいました。

 

3匹が森の奥へと進んでいくと、何かの巣がありました。

巣の中には卵が3つありました。

3匹がもっと近づいて見ようとしたとき…

 

ガサッガサッとしげみから音がしました。

3匹がじっとしていると、急にしげみから毒ヘビが二匹飛び出してきました。

3匹は怖くてくっついていました。

毒ヘビは今にも飛びかかってきそうな気配を漂わせています。

 

子猫たちは一目散に逃げ出しました。

3匹は目をつぶって走りながら後ろを見てみると、ヘビはこっちを見ながら卵の近くにいました。

ほっとしてルルが走るスピードをゆるめようとしていた時、コツン!!とルルが気にぶつかってしまいました。

 

ルルがララに声をかけていると、おじいさんとおばあさんに話を聞いてルルとララとリリを探しにきてくれた人がいました。

3匹はその人に家まで送り届けてもらいました。

 

(終わり)

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

絵本作りをしていると、子どもたちから思いがけない質問を受けることがあります。

このお話の作者からも

「先生、ヘビの巣ってどういう風に描くの?」

え〜、そんなことわからないよ。

そもそもヘビって巣があるの??

ということで資料を調べるときのために教室に持ち込んでいるiPadで調べてみると…

ヘビの巣ってあるのね〜

でも気持ち悪くて画像直視できない!!

…というわけで、ヘビの巣がどんなものだか私はわかりませんが(^^;

絵本の作者は気持ち悪くなく表現していますね(ホッ)

絵画教室あとりえ・おーぱる 体験教室お申し込みはこちらです♪

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭

物語紡ぐ画家

関連記事

ページ上部へ戻る