絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

子どもたちの創作絵本「うさぎたちの町は秋をむかえる」

絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年創作絵本作りに取り組んでいます。

絵本作りは時間がかかるので、他にも子どもたちにやってもらいたい制作内容はたくさんあるし、毎年やるのもど〜なんだろう??

子どもたちは飽きちゃわないのかな?

って、思うのですけど、子どもたちは絵本作りをとても楽しみにしていて、絵本ができあがった側から

「来年の絵本のお話はもう考えてある!」

なんて言ってくれるものだから、結果毎年取り組んでいます(^^

さて、今回ご紹介する絵本は、なんと3連作目。

1年生→「うさぎたちの町は春をむかえる」

2年生→「うさぎたちの町は夏をむかえる」

で、今回3作目は

3年生→「うさぎたちの町は秋をむかえる」。

それぞれの季節の、うさぎたちのなにげない(?)日常を描いた絵本の3作目。

ぜひ、ご覧ください(^^

 

うさぎたちの町は秋をむかえる

 

 

今日は10月28日。

3匹のうさぎがいました。

次の日、10月29日。

今日はうさぎ幼稚園に行く。

「おはよう」

「おはよう」

 

うさぎ幼稚園に到着。

明後日のハロウィンの手伝いにきた。

「こんにちは〜」

 

まずみんなに斧を配っていく。

半分の子たちにこれとこれを配る。(※「これ」が何かは絵を見てね)

ハロウィン当日。

 

お菓子を全員に配り終わった。

その後、ニンテンドースイッチをやった。

 

次の日、幼稚園のみんなとBBQに行った。

 

まずみんなで木の実を集めにいった。

 

そのあと、イノシシに乗った。

 

最後にみんなで木の実をわけて終わりました。

おやすみ。

あれ?イノシシがついてきてる…💦

(終わり)

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

前年に作ったお話の続きを制作する、って、前作をちゃんと覚えていて、年単位で継続して物語を創作するのだからすごいですね!

そして、今回の絵本はお話は変わらずうさぎたちの何気ない日常を描きつつ、絵のクオリティが素晴らしい☆

左右違う場面を描いたページのバランス、見開きページのデザイン的なセンスの良さ、素敵ですね。

物語は幼稚園に手伝いにいったり、バーベキューをしたり、ニンテンドースイッチで遊んだり(笑)って、うさぎたちの日常…なわけですが、うさぎたちが突然イノシシの背中に乗って走ってるところみると、あまりの唐突さに笑わずにはいられません。

そしてそのイノシシたちはなんと!

うさぎたちの家に着いてきちゃった〜ってラストですが、さてさて来年のうさぎたちはどんな物語が待っているのかな?

 

絵画教室あとりえ・おーぱる 体験教室お申し込みはこちらです♪

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭

物語紡ぐ画家

関連記事

ページ上部へ戻る