絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

子どもたちの創作絵本「ねことねずみの楽しい1日」

世の中全体が大変なとき、現在神奈川県にある絵画教室あとりえ・おーぱるも自粛休講中です。

毎年2月3月くらいに全員で制作に取り組んでいる創作絵本。

途中のままになっちゃっている子もいますが、完成作品をご紹介して行こうと思います。

今回のご紹介は小学1年生、初めての絵本作りでした。

※原作でひらがなのところは、読みやすいように漢字に変えて書き起こしています。

 

「ねことねずみのたのしい1にち」(小学1年生作品)

 

あるところにねこちゃんがいました。

夕方、ねこちゃんは、ねずみくんにあいにいきました。

 

ねこちゃんはねずみくんに「こんどいっしょに公園で遊ぼう」といいました。

次の朝、ねこちゃんとねずみくんは公園に遊びに行きました。

2人はわいわいといいました。

「わいわい、早く遊びたいなー」

 

ねずみくんは「ブランコで遊ぼう」っていいました。

ねこちゃんは「いいよ」っていいました。

2人はブランコで楽しく遊びました。

(おわり)

 

当絵画教室で絵本作りをする場合、ルールはひとつ「読んだ人がイヤな気持ちになる話しにはしない」。

ちょっと曖昧ですが💦

あと、制作する上では「同じような絵ばかりにならないようにね。めくってもめくっても同じような絵じゃ、読んだ人が面白くないよ」とアドバイスしています。

特に、ページを見開きで使わずに右ページと左ページに違う場面を描く場合は、色や構図で変化を付けた方が良いですね。

今回ご紹介の作品も、初めての絵本作りながら工夫していますね。

そして何より、かわいくて穏やかな世界になんだか癒される〜(^^
 

絵画教室あとりえ・おーぱる お問合せはこちらです♪

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭
↑クリック

関連記事

ページ上部へ戻る