絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

子どもたちの創作絵本「いぬのなな」

絵画教室あとりえ・おーぱるで毎年3月頃に制作している「創作絵本」のご紹介です。

今年は現在あとりえ_おーぱるも自粛休講中なので、まだ完成しないままの子も多いのですが、皆さんの完成を楽しみにしたいと思います(^^

さて、今回のご紹介は2回目の絵本作りの2年生。

「去年の主人公は猫にしたから、今年は犬にしよう」

ということですが、まずは主人公を決めるって大事です。

絵本作りやお話作りが初めてのお子さんには、まずは「主人公は何にする?」というところから考えてもらいます。

主人公は何?名前はどうする?

今回の作者は2回目の絵本作りなので、すぐに「今回は犬!」と決定。

さて、では主人公の犬のななにはどんな物語が待ち受けているのでしょう??

 

「いぬのなな」

 

犬のななは友だちがいません。

ななは1人でさみしいな、と思いました。

 

そしてななは探すことにしました。

だんだん空が暗くなってきました。

ななは食べるものがないので探しに行きました。

 

食べ物がやっと見つかりました。

食べ物を食べようとしたその時です。

違う犬に横取りされてしまいました。

 

ななはその犬を追いかけて行きました。

とうとう2人はケンカになって、なぐりあいになりました。

2人はヘトヘトになってあやまりました。

 

そして2人は仲良くなりました。

これがきっかけで2人は友だちになりました。

ななは大よろこびです。

友だちになった犬の名前は くー といいます。

くーとななは一緒に暮らすことになりました。

 

ななとくーは、ご飯も寝る時も一緒です。

 

ななは友だちをさがしていて、くーと会えてよかったと思いました。

「最初は殴り合いになったけど、友だちになれてよかったな」

と、ななは思いました。

 

ななは

「これからもよろしくね」

とくーに言いました。

それから2人は仲良く暮らしました。

 

(おわり)

 

犬のななの物語は友情の物語でした(^^

ななとくーは最初殴り合いのケンカをします。

殴り合い…

殴り合い…??

え〜…、は、激しい…

と、読むたびに笑っちゃいますが、おかげで2人は仲良くなりました。

出会って、ケンカして、仲良くなって、一緒にご飯食べて、一緒に眠って…

そんなふれあいの場面が心にしみる今日この頃。

良いお話ですね!

 

絵画教室あとりえ・おーぱる お問合せはこちらです♪

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭
↑クリック

関連記事

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

ページ上部へ戻る