絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

「紙粘土工作の宝物入れ」〜母の日のプレゼント作り作品ご紹介2

母の日のプレゼントで制作した「宝物入れ」、作品発表続きです。

入れ物部分は昔ながらの重たい紙粘土、飾りの部分はふわふわ紙粘土、2種類の紙粘土を使い分けています。

絵画教室あとりえ・おーぱるでは、いつもは最初に「アイデアメモ」という簡単な計画書を作ってから制作に取り掛かってもらいます。

いきなり思いつきで作り始めてしまうのと、最初にゴールを決めてから制作するのでは完成度にかなり差が出ます。

でも今回は…

時間が足りなくなりそうだな、と思ってアイデアメモは作らず、「頭の中で考えて!」ということにしました。

で、大まかにでもこんなデザインがいいかな〜、って決めてから制作開始。

最初に土台のケースとふたに紙粘土をつける作業をしたので、子どもたちはその作業をしながらもデザインについてアイデアを考えていたようです。

行き当たりばったりではなくて、しっかり考える!って大事ですね。

ちなみに、子どもたちが

「考えてるけどアイデアが出ない」

というときは、考えていません(笑

「頭の中で『アイデアが出ない、アイデアが出ない』って唱えていても考えてることにはならないよ。

『どんなアイデアにしようかな、どんな素敵なものを作ろうかな』って考えるんだよ」

っていっているのですが…(←エラそう!笑)

今回の母の日のプレゼントの宝箱も、子どもたちがそれぞれしっかりアイデアを考えて作った素敵な作品ばかりです(^^

夏休みの自由研究・自由工作などで制作するときは、2種類の紙粘土の特徴や使い方の違いを調べてまとめたり、制作前のアイデアを書いたレポートなども作ると学習になるのでは、と思います(^^

 

↑ケーキをイメージした宝箱。

フタの上のたくさんのクリームが可愛い!

カラフルな色合いもとっても素敵ですね☆

 

↑海の中の宝箱。

紙粘土の蓋に海の青のグラデーション。

お母さんの名前は真珠を並べたイメージかな。

素敵ですね!

 

↑猫の宝箱。

森の中の猫は元気いっぱい!

フタの上で大きくばんざいしている猫。

自由気ままな猫らしい、楽しいアイデアですね(^^

 

↑花の宝箱。

大きな葉っぱをデザインしたフタにピンクの薔薇。

宝箱の壁面を彩る大輪の赤いお花も素敵✨

とっても手の込んだデザインの宝箱です。

 

↑ママ大好き、な宝箱。

紙粘土で「ママすき」と作って着色後に合体。

お母さんへの気持ちがこもったとっても素敵な宝箱ですね!

時間もかかったけど、よくがんばりました☆

 

↑お花の宝箱。

紙粘土のお花とハートの柄がとっても可愛い宝箱です。

爽やかで涼しげな配色に赤いハートがポイントですね!

宝箱の中にはお母さんへのメッセージカードが入っています☆

 

↑薔薇の蕾の宝箱。

フタの上には薔薇の蕾、箱の壁面には紙粘土で作った蔦の模様。

とっても繊細なデザインですね!

優しげな配色も素敵です✨

 

↑カエルの宝箱。

大胆に箱全体を使って作ったカエルの顔の宝箱です。

カエルの周囲を囲むカタツムリがなんとなくリアル!

 

↑動物の宝箱。

フタの上とはこの周囲には動物たち。

なんと!この紙粘土を作った時、作者は骨折のため片手での作業でした💦

片手でもこんなに器用に作れるの??ってびっくりの出来上がり。

よくがんばりましたね!

シンプルなデザインと優しい色合いも素敵です(^^

 

絵画教室あとりえ・おーぱる お問合せはこちらです♪

 

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭
↑クリック

関連記事

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

絵&グラスアートオンライン講座

1回から気軽に参加できる、絵画講座とグラスアート講座。詳細・ご案内はこちらです☆

【幸せを紡ぐ絵と優しいグラスアート】オンライン講座

ページ上部へ戻る