図工

  1. 立体的に描く難しさ~クマがベッドの横に立っている…はずなのにクマが寝ている絵になる不思議

    幼児から小学1、2年生くらいの子が描きがちなのですが、立体的に描こうとして展開図のようになってしまうこと。 はて?展開図? …って思われたかと思いますが、絵を見たら小さいお子さんのいる方は、あ~、あるある!って思うかも。

  2. 子どもの自信を育てるために~達成感を積み重ねることの重要性

    今回は、絵や工作に取り組む上で、これは子どもたちの自信を育てるために大事だな~、って私が感じている「達成感を積み重ねることの重要性」について書いてみたいと思います(^^※私の方針だったり、絵画教室を運営する上での考え方の部分も多いので、他の方のご意見、他のお教室の方針とは異なりますので、...

  3. 背景を描く時に苦戦してしまうお子さんへのアドバイスと空気遠近法

    小学校の図工でも、夏休みの思い出を描く旅行の思い出を描く生活のようすを描くなんてテーマを描く機会はあるのではないかなって思います。

  4. 絵を描くときの消しゴムとねり消しの話

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、鉛筆と消しゴムは教室で用意しているものを使ってもらっています。

  5. 夏休みの自由研究にも役立つ♪子どもがオリジナル絵本を作るには

    ↑1年生の作品。初めての絵本作りでした♪絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年絵本作りや紙芝居作りなど、子どもたちにお話を作るところから絵を描いて完成まで取り組んでもらうカリキュラムを取り入れています。

  6. 人の体の動きを描くときに子どもに注意してもらいたいポイントとは

    前回、幼児期の頭足人から人を描くまで、みたいなお話を書きました。さらに、棒人間を描くのは楽しいけれど、自由に人を描けるようになると子どもの絵の世界はどんどん広がりますよ~、ってことで、ちょっとしたアドバイスを書かせていただきました。

  7. 年齢があがるにつれて、さらに想像力が発揮できるようになるには

    ↑想像力!ってことで、なんとなく希望を感じる写真にしてみました♪昔々私がまだ自分で絵画教室開く前、ある絵画教室の先生に、子どもの年齢が上がると想像力が低下してくる…といったお話を伺ったことがあります。ま~たしかに、年齢が上がるに連れて、「固定観念」みたいなものはできやすいもの。

  8. 「自画像」や「お友だちの顔」を描く時に役立つ、人の顔を描くときのコツ

    ↑この写真は人じゃないニャー人の顔を描くには、ってことを子どもに説明する時に、陰影とは!質感とは!とかいう以前の問題として、大人だったら「当然」って思えることが、子どもたちは認識できていない場合があります。

  9. 小学生が使う「不透明水彩絵の具」と「透明水彩絵の具」、特徴と違い

    小学生の皆さんが「水彩絵の具」というと、小学校で使っている絵の具を思い浮かべると思いますが、小学校で主に使っている絵の具は「不透明水彩絵の具」になります。え?水彩絵の具って他にもあるの?水彩絵の具は子どもたちがよく使う「不透明水彩絵の具」の他に「透明水彩絵の具」があります。

ページ上部へ戻る