子ども

  1. アクリル絵の具の特徴と子どもが使うときに必要な道具

    紙以外の素材に絵を描きたい、工作に色を塗りたい…ってとき、いろいろなものに塗れて便利なアクリル絵の具。夏休みの宿題や自由研究なんかで使う機会が多いのではないかと思います。紙に絵を描く場合でも、発色がよく何度も塗り重ねられます。

  2. 子どもが静物画を描く流れとポイント

    絵画教室あとりえ おーぱるでは、絵画の分野のカリキュラムは よく見て描く 生活の様子を描く 想像の世界を描くという、主に3つの分野に分けて取り入れています。

  3. 使いやすいパレットとパレットの使い方

    絵画教室あとりえ・おーぱるではご入会いただくと水彩絵具セットのみ各自ご用意していただきます。絵具セットを新しくご購入いただかなくても、お兄さんお姉さんのお古や幼稚園のときい使っていたのでも、まずはお家にある道具を探してみてくださいね、ってスタンスです。

  4. 小学生の図工に関する悩み・ご相談…「描き始められない」その1

    絵画教室をやっていて親御さんから学校の図工のことに関するご相談をいただく場合があります。

  5. 考える力を育む絵本作り~初めての絵本作り、お話作りのヒント

    現在絵画教室あとりえ・おーぱるでは「絵本作り」をしています。自分で考えたお話に必要な枚数分の絵を描いて、1冊の本に仕上げる、って、ちょっと大変そう。うちの子できるかな?低学年のお子さんやお話作りなどが初めての子の場合、親御さんはちょっと心配されるかもしれませんね。

  6. 子どもの考える力・想像力を伸ばすには

    横浜市泉区の絵画教室あとりえ・おーぱるです♪(瀬谷区、大和市も近いです)さて、当絵画教室では、毎年夏は紙粘土やリサイクル品等を使った工作に取り組んでいます。夏休み…ってことで、普段絵画教室に通っていないんだけど、夏の自由工作だけ指導して欲しい、などというご依頼もあります。

  7. 夏のイベント「ラクガキ大会」のようす〜1日目

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年夏休みに「ラクガキ大会」っていうイベントを開催しています。

  8. 子どもが絵が上手くなるには?絵が上達する3つのコツ

    「絵が上達するにはどうしたら良いですか?」「子どもが絵が上手くなるコツはありますか?」という質問をいただくと、私は3つの答えをあげます。もちろん、上達するためのいろいろな方法や考え方があるとは思うのですが、ご質問を受けたときはこの3つにしぼってお答えしています。

  9. 子どもたちが大好きな色鉛筆♪油性色鉛筆と水彩色鉛筆の違い

    当絵画教室では、着色用画材を混合して使うことがあるのですが、主に水彩絵の具と色鉛筆です。子どもたちは色鉛筆好きなんですよね。広い面積のところは絵の具の方が断然ラクにきれいに塗れるのですけど、あえて色鉛筆の風合いを好む子もいます。

  10. 見えているのに見えていない?見えている=認識している、ってわけじゃない、子どもの発達と絵

    私は自分で絵画教室を始める前から現在まで、他の絵画教室の幼児クラスの担当をしてきたのですが、幼児の絵を見ていると「目に見えているからって認識しているわけじゃないんだなー」ってつくづく思います。

ページ上部へ戻る