子ども

  1. 子どもの絵にたいして、言ってはいけない褒め言葉?褒めるときのポイントは…

    ちょっと前からよく言われていることですが、子どもの絵を褒める時に上手だね!上手に描けたね!は言っちゃダメ×「上手」と褒めてはいけない、と言われていますね。でも、つい使っちゃいますよね(^^;上手って言われれば子どもは喜ぶし…。

  2. アクリル絵の具の特徴と子どもが使うときに必要な道具

    紙以外の素材に絵を描きたい、工作に色を塗りたい…ってとき、いろいろなものに塗れて便利なアクリル絵の具。夏休みの宿題や自由研究なんかで使う機会が多いのではないかと思います。紙に絵を描く場合でも、発色がよく何度も塗り重ねられます。

  3. 子どもが静物画を描く流れとポイント

    絵画教室あとりえ おーぱるでは、絵画の分野のカリキュラムは よく見て描く 生活の様子を描く 想像の世界を描くという、主に3つの分野に分けて取り入れています。

  4. 見えているのに見えていない?見えている=認識している、ってわけじゃない、子どもの発達と絵

    私は自分で絵画教室を始める前から現在まで、他の絵画教室の幼児クラスの担当をしてきたのですが、幼児の絵を見ていると「目に見えているからって認識しているわけじゃないんだなー」ってつくづく思います。

  5. 子どもが想像力豊かな絵を描くようになるにはどうしたらいい?

    当教室のホームページを見た方にいただく質問の1つ「うちの子はいつも同じ絵ばかり描いているんです。好きなアニメや漫画の絵ばっかり。

ページ上部へ戻る