想像力

  1. 集中力と想像力、アイデア力を育む「読み聞かせから描くお話の絵」~耳で聞いた内容を絵に描く

    幼稚園くらいから絵を描く時によく登場するテーマ「お話の絵」。大人が読み聞かせをして、気に入った1場面を絵に描くって内容です。当教室でも年に一回カリキュラムに取り入れています(^^定番って感じもしますが、子どもたちが取り組むようすを見るたびに難しさを感じるテーマです。

  2. 想像力を育てるには〜現実にないものを生み出す想像力

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは毎年夏にさまざまな材料を使った工作をしています。初めて取り組む子、何度目かの子、それぞれの成長を実感することできる嬉しいテーマの1つです(^^そういった中で、子どもたちの想像力が育つ経過に感心することも…。

  3. 子どもが絵を描く時、困ってしまう言葉?「自由に描いていいよ♪」

    ちょっと前に、子どもの絵に対して言ってはいけない褒め言葉?褒めるときのポイントとは…という記事を書きました。

  4. 年齢があがるにつれて、さらに想像力が発揮できるようになるには

    ↑想像力!ってことで、なんとなく希望を感じる写真にしてみました♪昔々私がまだ自分で絵画教室開く前、ある絵画教室の先生に、子どもの年齢が上がると想像力が低下してくる…といったお話を伺ったことがあります。ま~たしかに、年齢が上がるに連れて、「固定観念」みたいなものはできやすいもの。

  5. 絵画教室あとりえ・おーぱるの夏のイベント「ラクガキ大会」のようす

    毎年絵画教室あとりえ・おーぱるで夏に開催しているイベント「ラクガキ大会」。今年も無事終了しました!教室に通ってくれている生徒さん、生徒さんのご兄弟・お友だち、がご参加いただけるイベントです。

  6. 考える力を育む絵本作り~初めての絵本作り、お話作りのヒント

    現在絵画教室あとりえ・おーぱるでは「絵本作り」をしています。自分で考えたお話に必要な枚数分の絵を描いて、1冊の本に仕上げる、って、ちょっと大変そう。うちの子できるかな?低学年のお子さんやお話作りなどが初めての子の場合、親御さんはちょっと心配されるかもしれませんね。

  7. 子どもの考える力・想像力を伸ばすには

    横浜市泉区の絵画教室あとりえ・おーぱるです♪(瀬谷区、大和市も近いです)さて、当絵画教室では、毎年夏は紙粘土やリサイクル品等を使った工作に取り組んでいます。夏休み…ってことで、普段絵画教室に通っていないんだけど、夏の自由工作だけ指導して欲しい、などというご依頼もあります。

  8. 一枚の紙から想像力を広げる…想像画のアイデア「誰かの家の中と外」

    例えば大人が仕事をするときでも、「もっと良くするにはどうしたらいいんだろう?」「お客様は何を望んでいるんだろう?」「何かいい企画はないかな?」…と、想像力、アイデア力が常に必要になると思います。仕事の場に限らず、日常の生活でもコミュニケーションでも、想像力って大事ですよね。

ページ上部へ戻る