手作り絵本

  1. 子どもたちの創作絵本「うさぎたちの町は冬をむかえる」

    絵画教室あとりえ・おーぱるで毎年取り組んでる、創作絵本の作品ご紹介です。絵画教室のカリキュラムを考えるとき・新しい経験をする・経験を積み重ねるという、2種類のテーマを考えています。絵本作りは毎年取り組んでいる「経験を積み重ねる」テーマの1つ。

  2. 子どもたちの創作絵本「ニャニャのだいぼうけん」

    絵画教室あとりえ・おーぱるで毎年取り組んでいる「創作絵本」、完成作品のご紹介です。主人公は猫のニャニャ。登場人物が1人の場合、同じような絵のページが続きがちですが、ニャニャの表情がとっても豊かで変化に富んでいますね。

  3. 子どもたちの創作絵本「マリーとトニー ダイヤどろぼうをつかまえる」

    絵画教室あとりえ・おーぱるで毎年取り組んでいる「創作絵本作り」。引き続き作品ご紹介です今回の絵本の主人公は警察官のマリーとペットのトニー。作者は小学2年生ですが年長さんから教室に通ってきてくれていたので、今回3作目の絵本作りとなります。

  4. 子どもたちの創作絵本「マールとくろいかげ!」

    こんにちは!絵画教室あとりえ・おーぱるです。さて、今回も子どもたちの創作絵本のご紹介です。当教室で課題となる絵を描くとき「テレビやゲームやマンガに出てくるキャラクターは描かない」というルールにしています。

  5. 子どもたちの創作絵本「ブルーベリーのゆめはジャム」

    毎年3月くらいに絵画教室の子どもたちが取り組む「オリジナル絵本作り」。物語から自分で考えて絵本を作ります。もちろん、学校の国語の授業と言うわけではなくて絵画教室ですから、簡単な物語でOK、文章についてもその年代なりの良さを発揮してもらえれば良いよ!っていうスタンスです。

  6. 子どもたちの創作絵本「ねことねずみの楽しい1日」

    世の中全体が大変なとき、現在神奈川県にある絵画教室あとりえ・おーぱるも自粛休講中です。毎年2月3月くらいに全員で制作に取り組んでいる創作絵本。途中のままになっちゃっている子もいますが、完成作品をご紹介して行こうと思います。今回のご紹介は小学1年生、初めての絵本作りでした。

  7. 子どもたちの創作絵本「かえでとまことのぼうけん」

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年絵本作りに取り組んでいます。今回の絵本の主人公はかえでとまことという姉妹。読んでいると妹のかえでは活発な女の子のようです。さて、そのかえでがお姉さんの誠を散歩に誘い…っていうところから始まる冒険の旅。

  8. 子どもたちの創作絵本「ハッピーラブ」

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年オリジナル絵本作りに取り組んでいます。絵画教室に長く通ってくれて高学年にもなってくると、だんだん制作する物も大人っぽいものに憧れてきたりします。今回ご紹介する絵本は、実は同じ主人公たちで展開する物語の2作目。

  9. 子どもたちの創作絵本「大事な物を取り返せ!」

    絵画教室あとりえ・おーぱるで毎年取り組んでいる、創作絵本の作品ご紹介です。当教室での絵本作りのルールは 必ず完成させる 読んだ人がイヤな気持ちになる内容にしないの2点だけ。お話の内容もページ数も、子どもたちのアイデアで自由に考えてもらいます。

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

松本圭のインスタ

フォローお願いします☆

@kei_atelieropal

ページ上部へ戻る