画材

  1. 子どもが「水彩絵具が苦手」の理由、水彩絵具の特徴と対策

    幼稚園などで水彩絵具を使うかどうかは園によるようですが、小学校1年生で絵画教室に入会してくれたお子さんに「絵具使ったことある?」って聞くと、「まだ使ったことない」って場合の方が多い気がします。

  2. 小学生が使う「不透明水彩絵の具」と「透明水彩絵の具」、特徴と違い

    小学生の皆さんが「水彩絵の具」というと、小学校で使っている絵の具を思い浮かべると思いますが、小学校で主に使っている絵の具は「不透明水彩絵の具」になります。え?水彩絵の具って他にもあるの?水彩絵の具は子どもたちがよく使う「不透明水彩絵の具」の他に「透明水彩絵の具」があります。

  3. 色鉛筆、クレヨン・クレパス、クーピーの違い。使いやすいのはどれ?

    子どもたちが自宅で絵を描く場合、手軽に使える筆記系着色画材としては、色鉛筆、クーピー、クレヨンが思い浮かぶかと思います。絵の具は出したりしまったりが面倒だし、汚れたりしますからね。

  4. 子どもが絵の具を使って描く時におすすめの筆♪

    絵画教室にご入会いただいて、最初に親御さんからいただく質問 「道具は何を揃えればいいですか?」当教室では細々した材料は教室で用意しますが、絵の具セットのみ各自ご用意いただいています。

ページ上部へ戻る