1. 絵が上手になる構図の知識

    絵画教室あとりえ おーぱるでは、絵画の分野のカリキュラムは・よく見て描く…写生画・生活の様子を描く…生活画・想像の世界を描く…想像画という、主に3つの分野に分けて取り入れています。

  2. 背景を描く時に苦戦してしまうお子さんへのアドバイスと空気遠近法

    小学校の図工でも、夏休みの思い出を描く旅行の思い出を描く生活のようすを描くなんてテーマを描く機会はあるのではないかなって思います。

  3. 「自画像」や「お友だちの顔」を描く時に役立つ、人の顔を描くときのコツ

    ↑この写真は人じゃないニャー人の顔を描くには、ってことを子どもに説明する時に、陰影とは!質感とは!とかいう以前の問題として、大人だったら「当然」って思えることが、子どもたちは認識できていない場合があります。

  4. 絵を立体的に描くには…ものすご~く簡単な遠近法のお話♪

    絵画教室の子どもたちがお友だちの作品を見て「わ~、上手!」って言う時、絵に奥行きや立体感がある絵ってことがよくあります。

  5. ご相談内容「絵は好き、または得意なのに描くのに時間がかかり完成しない場合」3

    ↑記事と関係ない写真…(^^;親御さんから図工に関して伺うことが多い「描くのに時間がかかりすぎて完成しない」について、絵画教室ではこんな理由かな?っていうのが主に下記4点。

  6. 小学校の図工対策…学校の図工に関するご相談内容は

    絵画教室をやっていて親御さんから学校の図工のことに関するご相談をいただく場合があります。そのご相談内容をもとに、参考になりそうなことを書いて行きたいと思います。

  7. 子どもたちが描きたくなるテーマ〜家族で使うものを作る(カレンダー作り)

    子どもたちが張り切って描きたくなる、誰かのことを思って一生懸命考える…そういったテーマに取り組むことは「上達のコツ」のひとつなのではないかな〜と、毎年カレンダー作りの時期になると思います。そんな子どもたちが張り切りたくなるテーマのひとつ「来年のカレンダー作り」。

  8. 絵を描くとか創作ってどういうことだろう?自己表現とコミュニケーション

    先日あるテーマで絵を描く時に、子どもたちに話したことがあります。絵を描くって創作するって何かを作るってどういうことなのかな?ってこと。みんなが自由に自分の気持ちを表現していい、だけど、みんなの絵を見て、見た人は何かを感じるんだよ。

  9. 一枚の紙から想像力を広げる…想像画のアイデア「誰かの家の中と外」

    例えば大人が仕事をするときでも、「もっと良くするにはどうしたらいいんだろう?」「お客様は何を望んでいるんだろう?」「何かいい企画はないかな?」…と、想像力、アイデア力が常に必要になると思います。仕事の場に限らず、日常の生活でもコミュニケーションでも、想像力って大事ですよね。

  10. 夏のイベント「ラクガキ大会」のようす〜2日目

    絵画教室あとりえ・おーぱるの夏のイベント「ラクガキ大会」、2日目のようすです。

ページ上部へ戻る