絵画教室

  1. 小学生の図工に関する悩み・ご相談…「描き始められない」その1

    絵画教室をやっていて親御さんから学校の図工のことに関するご相談をいただく場合があります。

  2. 考える力を育む絵本作り~初めての絵本作り、お話作りのヒント

    現在絵画教室あとりえ・おーぱるでは「絵本作り」をしています。自分で考えたお話に必要な枚数分の絵を描いて、1冊の本に仕上げる、って、ちょっと大変そう。うちの子できるかな?低学年のお子さんやお話作りなどが初めての子の場合、親御さんはちょっと心配されるかもしれませんね。

  3. 小学校の図工対策…学校の図工に関するご相談内容は

    絵画教室をやっていて親御さんから学校の図工のことに関するご相談をいただく場合があります。そのご相談内容をもとに、参考になりそうなことを書いて行きたいと思います。

  4. 学校の図工対策…お子さまを図工嫌いにしないために

    絵画教室は絵や工作が好きな子だけが行くところ…というわけではありません。絵画教室あとりえ・おーぱるには、あまり絵や工作をしたことがない親御さんが苦手で教えられない学校の図工で上手く描けない…といったお悩みを抱えてお子さんを通わせてくださる方もいらっしゃいます。

  5. クリスマスのお楽しみ工作!アドベントカレンダーを作ろう☆

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、12月頃になるとクリスマスの工作をします。

  6. 子どもの考える力・想像力を伸ばすには

    横浜市泉区の絵画教室あとりえ・おーぱるです♪(瀬谷区、大和市も近いです)さて、当絵画教室では、毎年夏は紙粘土やリサイクル品等を使った工作に取り組んでいます。夏休み…ってことで、普段絵画教室に通っていないんだけど、夏の自由工作だけ指導して欲しい、などというご依頼もあります。

  7. 夏のイベント「ラクガキ大会」のようす〜1日目

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、毎年夏休みに「ラクガキ大会」っていうイベントを開催しています。

  8. 見えているのに見えていない?見えている=認識している、ってわけじゃない、子どもの発達と絵

    私は自分で絵画教室を始める前から現在まで、他の絵画教室の幼児クラスの担当をしてきたのですが、幼児の絵を見ていると「目に見えているからって認識しているわけじゃないんだなー」ってつくづく思います。

  9. 上手に絵の具を使うために役立つ、机の上の道具の置き方と描くときの姿勢

    パレットはあっち、筆はこっち、筆洗は向こう…学校などは机の広さが決まっているのでそうはいかないかもしれませんが、場所があったらあるだけ道具を広げてしまう…その置き方では描きづらいんじゃないかな〜、って見ている方は思っても、子どもは気にせず描いていたり(笑でも、描きやす...

  10. 色鉛筆、クレヨン・クレパス、クーピーの違い。使いやすいのはどれ?

    子どもたちが自宅で絵を描く場合、手軽に使える筆記系着色画材としては、色鉛筆、クーピー、クレヨンが思い浮かぶかと思います。絵の具は出したりしまったりが面倒だし、汚れたりしますからね。

ページ上部へ戻る