絵画

  1. 子どもが水彩絵の具が上手に使えるようになるには?水彩絵の具を使うときのコツ

    水彩絵の具は小学校だと2年生か3年生くらいから使い始めるようですね。ですけど、そうそう頻繁に使うわけではないので、水彩の具の使い方のポイントがわかっていなくて苦手意識を持ってしまっている子もいます。

  2. 子どもが絵が上手くなるには?絵が上達する3つのコツ

    「絵が上達するにはどうしたら良いですか?」「子どもが絵が上手くなるコツはありますか?」という質問をいただくと、私は3つの答えをあげます。もちろん、上達するためのいろいろな方法や考え方があるとは思うのですが、ご質問を受けたときはこの3つにしぼってお答えしています。

  3. 子どもたちが大好きな色鉛筆♪油性色鉛筆と水彩色鉛筆の違い

    当絵画教室では、着色用画材を混合して使うことがあるのですが、主に水彩絵の具と色鉛筆です。子どもたちは色鉛筆好きなんですよね。広い面積のところは絵の具の方が断然ラクにきれいに塗れるのですけど、あえて色鉛筆の風合いを好む子もいます。

  4. 心と体に影響する色の効果を絵に生かすには?暖色と寒色について

    昨日の絵画教室で子どもたちは「暖色と寒色のデザイン」ってテーマに取り組みました〜。

  5. 見えているのに見えていない?見えている=認識している、ってわけじゃない、子どもの発達と絵

    私は自分で絵画教室を始める前から現在まで、他の絵画教室の幼児クラスの担当をしてきたのですが、幼児の絵を見ていると「目に見えているからって認識しているわけじゃないんだなー」ってつくづく思います。

  6. 上手に絵の具を使うために役立つ、机の上の道具の置き方と描くときの姿勢

    パレットはあっち、筆はこっち、筆洗は向こう…学校などは机の広さが決まっているのでそうはいかないかもしれませんが、場所があったらあるだけ道具を広げてしまう…その置き方では描きづらいんじゃないかな〜、って見ている方は思っても、子どもは気にせず描いていたり(笑でも、描きやす...

  7. 子どもが想像力豊かな絵を描くようになるにはどうしたらいい?

    当教室のホームページを見た方にいただく質問の1つ「うちの子はいつも同じ絵ばかり描いているんです。好きなアニメや漫画の絵ばっかり。

ページ上部へ戻る