1. 色彩豊か絵を描くための混色の方法とポイント

    色と色を混ぜて新しい色を作ることを「混色」といいます。絵を描く場合は絵具と絵具を混ぜて新しい色を作るわけですが、前回のノート「表現の幅を広げ描く力をつける、絵具の混色のメリットと注意点について」でご紹介したように、混色にはさまざまなメリットがあります。

  2. 絵を描く幅が広がる色の知識〜色の三原色、光の三原色、絵の具の三原色

    「色の三原色」や「絵の具の三原色」って言葉、記憶の片隅で覚えていらっしゃるでしょうか?たしか小学校あたりで習ったはず…。絵画教室の子たちに聞いてみると、大体5年生くらいで習うようです。

  3. 心と体に影響する色の効果を絵に生かすには?暖色と寒色について

    昨日の絵画教室で子どもたちは「暖色と寒色のデザイン」ってテーマに取り組みました〜。

ページ上部へ戻る