絵画教室日記〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪

「紙粘土工作の宝物入れ」〜母の日のプレゼント作り作品ご紹介1

今年の母の日のプレゼントは「2種類の紙粘土を使った宝物入れ」。

2種類の紙粘土とは、昔ながらの重い紙粘土と、軽くて使いやすいふわふわ紙粘土のことです。

ベースの箱は重い方の紙粘土を使ったので、ずっしりとした重みとしっとりした質感で、ちょっと陶器のような仕上がりになりました。

2種類の紙粘土を使った理由は仕上がりの問題だけではなくて、子どもたちに「柔らかくてふわふわで扱いやすい紙粘土」だけじゃなくて、ちょっと扱うのが難しい重い紙粘土も使ってもらいたかったからなのですが…。

今時のおこさんんは軽い紙粘土しか使ったことがない、って子も多いのです。

初めて使った重たい昔ながらの紙粘土に苦戦しつつ、素晴らしい作品の数々が出来上がりました♪

材料はみんな一緒なのですけど、デザインは子どもたちそれぞれのアイデアでバラエティ豊かで、どの作品も素晴らしい出来栄えでした。

皆さんの完成作品を、3回に分けてご紹介します。

100円ショップなどで揃うシンプルな材料で作れますので、よかったらご自宅で作ってみてくださいね(^^

しっかりアイデアを練って、2種類の紙粘土の違いなんかをレポートにまとめたりすれば、夏休みの自由研究や自由工作にもなるのではないかな?

 

↑猫の宝箱。

猫の飾りをつけるのではなくて、ふたに猫の耳をつけて宝箱全体を猫に見立てました。

このアイデア大人気で、他の子も参考にしていました(^^

土台の足跡もかわいい!

 

↑海の宝箱。

ふたの上に浮かんだ離小島の上には、ポツンと椰子の木が…。

素敵なストーリーが浮かびそうな宝箱ですね!

 

↑きのこと筍の宝箱。

ふたの上にはきのこと筍が生えてます🍄

「なんだか毒キノコみたいな色だよね〜」なんていっていましたが、カラフルでとっても可愛いですよ!

ケースと土台の苔をイメージした色合いも渋くて素敵です。

 

↑猫の宝箱。

こちらの猫ちゃんはキラキラいっぱい、かわいい猫の宝箱です。

宝物を入れるのにぴったりのイメージですね!

 

↑お花の宝箱。

紙粘土で作ったお花、形はシンプルなのですけど見た目華やかですね!

緑の中の大輪の花たちが咲いているイメージがとっても素敵✨

 

↑お弁当箱の宝箱。

宝箱の周りにはおにぎりとたくあん?

お弁当箱の中のおかずは何かなぁ。

きっとお母さんはいつもおいしいお弁当を作ってくれるんでしょうね(^^

 

↑犬の飾りの宝箱。

明るい色合いが元気一杯の宝箱ですね!

ふたにはキラキラの飾りがついた大きな星☆

宝箱の中に入っているのはお母さんへのメッセージカード、大きな星がきっとたくさんの想いを届けてくれますよ。

 

↑猫の宝箱。

青くて大きなリボンが印象的な、とってもおしゃれな猫の宝箱ですね(^^

大きな目と赤いほっぺがかわいい♪

 

↑とってのある宝箱。

写真の向きがイマイチですが💦、犬の飾りもありました。

ふたが重たいのでとっては飾りですが、赤いハートも印象的な宝箱です。

箱の中にもハートがたくさん詰まってるのかな(^^

 

絵画教室あとりえ・おーぱる お問合せはこちらです♪

 

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭
↑クリック

関連記事

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

絵&グラスアートオンライン講座

1回から気軽に参加できる、絵画講座とグラスアート講座。詳細・ご案内はこちらです☆

【幸せを紡ぐ絵と優しいグラスアート】オンライン講座

ページ上部へ戻る