教室ノート〜絵や工作が上達するためのヒント&オススメ工作など♪

子どもが想像力を発揮するには〜いつもと違う…から広がる発想「黒い紙を生かして描く」

絵画教室あとりえ・おーぱるでは、絵画の分野においては「写生画」「生活画」「想像画」という三つの分野に分けてカリキュラムを考えています。

今回はそのうちの「想像画」の内容から。

子どもたちが発想を広げ想像力豊かな作品を描くためのヒントと、作品「黒い紙を生かして描く」をご紹介します。

 

発想を広げるきっかけ作り

子どもたちに「自由に描いていいよ」というと、ポケモンとかすみっ子ぐらしとか鬼滅の刃とか…

自分が好きなアニメやゲームのキャラを描くことが多いです。

もちろん自分が好きなものを描くのは全然OK!

自分が大好きなキャラを描くのって楽しいですよね!

でも、自宅で好きなものを描いて楽しむのは全然いいのですが、絵画教室では誰かが考えたキャラクターではなくて、子どもたち自分自身が考えたアイデアを形にしてもらいたいと思っています。

ただ、以前にある子が、「自分のアイデアで自由に描いていいよって言われると何を描くか決まらなくて困ってしまう」といっていました。

そう、大人でもなんですけど、「自由に…」と言われると選択の範囲が広くなりすぎて逆にアイデアが出なくなってしまうことがあるのです。

そこで、絵画教室あとりえ・おーぱるでは子どもたちが想像力を発揮しやすくなるための「きっかけ作り」としてテーマを考えています。

 

子どもたちが「面白そう!」と思うテーマを投げかける

子どもたちが想像力を発揮してアイデアを出しやすくするテーマとしては

  • 普段描かないものを描く
  • ワクワクするような物語生がある内容を描く
  • 紙の形や色をいつもと変えて描く
  • 誰かに向けてのメッセージ性のあることを描く

などなど、子どもたちが「面白そう!」と思う内容ってなんだろう?ということで考えています。

そして、子どもたちが「面白そう!何を描こうかな!」とワクワクするように、事前の説明や導入の説明も大事だと思っています。

 

「いつもと違う」から広がる想像力

さて、子どもたち、のみならず大人もですが、好きなタイプの絵を何度も描くのが好きだったりします。

私もそうです(^^

もちろん、好きなテーマがあってそれを繰り返し描いて発展させていくというのは素晴らしいことです。

ただ、アニメやゲームのキャラなど、人が考えたアイデアを何度も描くことは主に楽しいから!という面が大きいと思います。

もちろんそれも全然OKなのですが、子どもたちの感性を刺激し想像力を発揮してもらうためのテーマとしては、「いつもと違うこと」「いつもは描かないもの」「自分では思いつかないユニークなテーマ」がいいのではないかな、と思います。

絵画教室でレッスンの初めに

「今回のテーマは〜」

なんて説明すると、子どもたちから

「面白そう!」

「もうアイデア思いついたよ!』

なんて、声が上がったり…

「いつもと違う」が子どもたちの心を刺激することってあるんですね。

これからご紹介する作品は「黒い紙を生かして描く」という内容です。

いつもは白い紙に描いているわけですが、今回は黒い紙に描くよ!

濃い色を塗っても白い紙に描いたときみたいには目立たないよ。

黒い紙に描くことが生きてくる内容ってなんだろう?

さてさて、絵画教室あとりえ・おーぱるの子どもたちが考えた内容は…

「黒い紙に描く」作品ご紹介

↑流れぞしが降り注ぐ星空。

七夕の時期に描いたのだったと思います。

色鉛筆を使った空のグラデーションが写真によく写りませんでしたm(__)m

 

↑戦う昆虫たち、黒い紙に描いて迫力満点!

背景はスパッタリングでかっこいいですね!

 

↑昼と夜の世界。

明るい色の点描が黒い紙だと蛍光色のように見えて、とってもユニークな世界になりました。

 

↑くらい森の奥にあるお城へ続く道。

くらい森の部分が私のスマホのカメラでは色が飛んでしまってよく写りませんでした💦

黒い紙だと撮影が難しい〜

実物の絵はもっともっと素敵です☆

 

↑暗い森の中でたくさんの華や虫たちが暮らしています。

…これも写真がイマイチですみません💦

実物の絵は黒い紙に引き立つ色とりどりの花や虫たちを描きこんで、とっても幻想的で素敵な作品です。

 

↑花と蝶々

花も蝶も暗い画面を飛び交い、幻想的な光が所々に浮かんでいます。

デザイン的で素敵ですね!

 

↑川の上に広がる花火。

地上から見た街並みや川の流れ、その上に広がる花火と夜の星座たち。

これもうすっばらしい作品なのですが、細部がうまく写真に映らなくて残念でした。

 

↑ゲームの世界

ゲームの世界観を黒い紙に描きました。

とってもユニークなアイデアですね☆

 

黒い紙に描くと、濃い色は目立たず、明るい色は蛍光色のように見えたり…

なぜか私のスマホだと色が飛んじゃってうまく撮影できなかったり💦

紙の色が違うだけで「いつもと違う」面白さがありました(^^

 

絵画教室あとりえ・おーぱる お問合せはこちらです♪

 

☆☆☆

幸せを紡ぐ絵~松本圭
↑こちらで松本圭の作品がご覧ただけます☆

関連記事

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

松本圭のインスタ

フォローお願いします☆

@kei_atelieropal

ページ上部へ戻る