絵画教室ノート〜絵や工作が上達するためのアイデア&コツ♪ Archives

  1. アクリル絵具でキャンバスに描く〜いつもと違う画材を使うっておもしろい!

    絵画教室あとりえ・おーぱるでは、絵の具で絵を描く場合いつもは水彩絵具で画用紙に描くことが多いです。絵の具は学校で使っている水彩絵の具と同様の、不透明水彩絵の具(学校絵の具)です。

  2. 「紙粘土の宝物入れ」~母の日のプレゼント作り作品ご紹介3

    母の日のプレゼントで制作した「2種類の紙粘土を使った宝箱」、作品発表最終回です。私の当初の意図としては「コロナで子どもたちも大変だし、今年は気軽に楽しく紙粘土でもやろうかな〜」って感じだったのですが…。ベースの箱に紙粘土つけて、ワンポイント飾り作って、くらいな感じで想定していました。

  3. 「紙粘土工作の宝物入れ」〜母の日のプレゼント作り作品ご紹介2

    母の日のプレゼントで制作した「宝物入れ」、作品発表続きです。入れ物部分は昔ながらの重たい紙粘土、飾りの部分はふわふわ紙粘土、2種類の紙粘土を使い分けています。絵画教室あとりえ・おーぱるでは、いつもは最初に「アイデアメモ」という簡単な計画書を作ってから制作に取り掛かってもらいます。

  4. 「紙粘土工作の宝物入れ」〜母の日のプレゼント作り作品ご紹介1

    今年の母の日のプレゼントは「2種類の紙粘土を使った宝物入れ」。2種類の紙粘土とは、昔ながらの重い紙粘土と、軽くて使いやすいふわふわ紙粘土のことです。ベースの箱は重い方の紙粘土を使ったので、ずっしりとした重みとしっとりした質感で、ちょっと陶器のような仕上がりになりました。

  5. 「紙粘土の宝物入れ」材料と作り方〜ふわふわ紙粘土と昔ながらの紙粘土で母の日のプレゼント作り

    今年の母の日のプレゼントは「紙粘土の宝物入れ」を作りました。↑この作品、紙粘土で小学生が作ったの?と、びっくりの素晴らしい出来栄えですね。

  6. 子どもが水彩絵の具を上手に使えるようになるには?水彩絵の具を使うときのコツ

    水彩絵の具は小学校だと2年生か3年生くらいから使い始めるようですね。ですけど、そうそう頻繁に使うわけではないので、水彩の具の使い方のポイントがわかっていなくて苦手意識を持ってしまっている子もいます。

  7. 作って遊ぼう!ダーツゲーム作り3〜全部100円ショップの材料で作れます♪

    絵画教室あとりえ・おーぱるで子どもたちが制作した手作りダーツゲームの作品ご紹介その3です☆手作りダーツゲームの作り方、材料などはその1をご覧ください。

  8. 作って遊ぼう!ダーツゲーム作り2〜全部100円ショップの材料で作れます♪

    絵画教室あとりえ・おーぱるで子どもたちが制作した手作りダーツゲームの作品ご紹介その2です☆手作りダーツゲームの作り方、材料などはその1をご覧ください。

  9. 作って遊ぼう!ダーツゲーム作り1〜全部100円ショップの材料で作れます♪

    絵画教室あとりえ・おーぱるでだいぶ前に制作した「オリジナルダーツゲーム」。材料や作り方のご紹介です。

ページ上部へ戻る